キャッシングカード会社とクレジットカード会社は明らかに違う


キャッシングカード・クレジットカード違いが知りたい

キャッシングとクレジットに違いは有るの?

キャッシングカードとクレジットカードとか、
お金を貸してもらうときに、呼び方がいろ
いろと混在する時があります。

ここでキャッシングとクレジットの違いを覚えておきましょう。

◆キャッシングはお金を借りるだけ。クレジットは買い物の支払いを後払いする。

例えば、アコムとかレイクなどいわゆる消費者金融
と呼ばれる会社があります。

こちらのカードを作ると「キャッシング用のカード」となります。

一方、三井住友VIZAや、セゾン、JCBなどのクレジット会社
で(信販会社とも呼ぶ)カードを作ると「クレジットカード」
というものになります。


キャッシングカードは基本的に、「お金を借りるだけ」
に作るカードです。

クレジットカードは「ショッピングで買い物をした支払い分
のお金を1回または分割数回払いの後払いで支払う」ための
カードです。

こうして聞くとキャッシングとクレジットは全く違うもの
ということがわかります。

キャッシングカードとクレジットカード
※カードの形は同じでも使い方は違いも多い

但し、混在されて使われる理由もあります。

クレジットカードでは、ショッピングでの支払いの分割
以外に、キャッシングができる契約がされている
ものがほとんどどです。

少しまとめてみると次のような表になります。


キャッシングカード クレジットカード
買い物分割支払い できない できる
現金を借りる できる できる
カード年会費 0円がほとんど 数百円〜1万円以上など幅が広い
審査の判定 クレジット会社よりは甘い キャッシング会社よりは厳しい
お金を借りた金利 銀行より高いがクレジットより安い 銀行より高い
利便性 会社によりコンビニATM可 会社によりコンビニATM可
お得感 新規借入30日無利子など ポイント付与、他商品の割引連携

キャッシング会社とクレジット会社の比較は、
一概に言えない部分も多いです。

ポイントとして押さえておくことは、

買い物をする、お金を出し入れしたくない
と言う方は断然クレジットカードがいい
です。

1回払いなら金利は0円、2回払い以上から
金利手数料が発生します。

常に現金支払いのシーンで現金を用意する
時に、手元にお金が必要となるかたは、
キャッシングカードがいいでしょう。