気をつけたい、消費者金融のキャッシングと住宅ローンへの影響


消費者金融のキャッシングと住宅ローンへの関係について

少なからず消費者金融の借り入れは住宅ローンに影響する

住宅ローン以外でのキャッシングや
即日キャッシングを申し込みした時、

その後や今の住宅ローンに影響は
あるのでしょうか?

例えば、キャッシングをしたために
その後の審査が通りにくくなる、

今借りている住宅ローンの全額返済を
求められる

など、様々な憶測があるように感じます。

ここではキャッシングと住宅ローンの関係に
ついて深掘りしてみたいと思います。

●キャッシングと住宅ローンの影響について

キャッシングと住宅ローンの関係について
まとめてみました。

===

・消費者金融で現在お金を借りている人

現在、消費者金融でお金を借りているが
住宅ローンの申し込みをした場合、

審査で通りにくい可能性は高い

といわれています。

これら個人のキャッシング歴情報は

信用情報

に掲載される決まりになっています。

お金を貸す側は、審査段階でこの信用情報の
中身を見て個人の貸借の履歴を見ることが
できます。



・消費者金融で過去にお金を借りていた人

過去に消費者金融でお金を借りていて
完済してから5年以内という方は、

審査で落とされる影響は少ない

といわれています。

完済したという実績は、さほど影響しない
ようで、きっちりと返済していることが
良い印象を与える場合もあります。


また、過去に消費者金融でお金を借りていて
完済してから5年以上という方は、

消費者金融での貸し借りの情報が
信用情報から抹消されているので、

審査に影響することがありません。

====

ここまでの解説でまとめると、キャッシング歴
は信用情報に記載され、住宅ローンの審査において、
通過、不通過の指標として利用されます。

キャッシングをしたからと言ってその理由で
住宅ローンに審査に影響があるかないか?
といえば影響はあるといえます。

ただし、信用情報だけの情報で住宅ローンの
審査の可否が決まるわけではありません。

職業や年収など様々な要素から決められるので
現在キャッシング歴があるからといって、

必ず住宅ローンの審査が通らないということ
はありません。


ちなみに住宅ローンを申し込む場合、
ほとんどがローンの担保として家を抵当権にを
入れることになり、

もし契約者に何らかの金銭での整理があっても
お金を貸している側は、家と土地で相殺をする
ことができます。


また今借りている住宅ローンがあるので、その後
キャッシングでの審査が通りにくいということ
は少ないといえます。

その事例として、消費者金融や銀行系の
キャッシングの場合、申し込み用紙において、

「現在の借入金の件数と金額」の記載を
求められているとき、

「住宅ローンを除く」

と書かれている場合がほとんどです。