総量規制を知って借り過ぎをなくす


総量規制とキャッシングの関係について

総量規制は年収の3分の1までしか貸せない法律

総量規制とは
貸金業法で決められた1人の借入金額の
上限を決める法律です。

消費者金融などの貸金業者からは、
年収の3分の1以上の借り入れはできない
法律になっています。

これらは個人信用情報で借入の申請者
の借入金の状況を、貸金業者が調べる
ことにより、規制しています。

ただし、総量規制の対象となるのは、
貸金業者の融資であり、

銀行での借り入れ等、総量規制と対象外の
融資もある。


総量規制がかからない主な項目

総量規制の除外

・貸金業以外の個人貸し付け
・不動産購入・改良の貸し付け
・自動車購入時の自動車担保貸付
・高額医療費の貸付け
・不動産担保貸付け
・売却予定不動産の売却金額により返済できる貸付け手形(融通手形を除く)の割引
・貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介


総量規制の例外

・顧客の一方的有利となる借換え
・緊急の医療費の貸付け
・個人事業者に対する貸付け
・配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け